ログイン
電話で問合せ メールで問合せ 体験会 店鋪一覧 電話番号(フリーダイヤル)
HOME »  良い睡眠で身体も心も健康に » ベッド、マットレス、枕変え首、肩、背中、腰と眠りの悩み解決の理由 » 寝れば治るのは何故?
寝れば治るのは何故?

しびれや痛みで寝返りしなくて済み質の良い眠りを取ることが出来る

ノンレム睡眠を繰り返ししっかりとれる為に成長ホルモンの分泌が十分になされ
身体の修復、疲労回復が十分になされる為


肉体への圧迫なく身体の隅々まで酸素と栄養素を届けることが出来る為疲労を取り除き活力を生み出す

肉体への圧迫なく身体の隅々まで酸素と栄養素を届けることが出来る為痛めた身体の治癒や修復が出来る

寝ている間の休養が十分の為、疲れが充分取れて目覚めることが出来る

疲労回復、身体の修復、治癒が出来る為に朝爽快に目覚めることが出来一日快適に過ごせるようになる
 

寝て起きたら○○が治っていた。
寝るだけで○○が治った。
というお客様の声

血流循環を妨げない為に酸素と栄養素が身体中の細胞に届けられる

入眠後2時間前後のノンレム睡眠時で分泌される成長ホルモンの分泌が活発になされる
成長ホルモン。
「寝る子は育つ」といわれますが、睡眠と成長には深い関係があります。
睡眠がもたらす効果のひとつに成長ホルモンの分泌が挙げられます。
成長ホルモンは、脳下垂体前葉から分泌され、文字通り、小児期には体の成長(骨や身長を伸ばす、筋肉の強化)
を促すホルモンとしてよく知られていますが、成人になってからもたんぱく質合成を促進する作用があり、
体の修復、疲労回復に重要な役割を果たすことが知られています。

タンパク質合成
脂質分解作用
軟骨発育促成
等の働きを持つことから若返りホルモンと呼ばれる
 
「腰痛に悩む日本人は約2800万人とも推計されています。
その大部分は、医師の診察や検査では明確な異常が見つからない「非特異的腰痛」というのだそうだ。
しかもこの「非特異的腰痛」が腰痛を訴える人の実に85%だという資料もある。
即ち約2400万人ほどの人は慢性的な腰痛を抱えながらその原因は分からないままに放置されている
ことになる。
私達の経験でいえばこうした人達の多くが
睡眠時腰痛発生、増幅症」(命名者 番上)と言える人達ではないかと想像する。
即ち
寝ていて腰が痛い
朝起きる時腰が痛い
は睡眠中に原因が作られているか増幅されている場合が殆どであると考えざるを得ないからである。
この約2400万人の人達は私たちの 最適な体圧分散できるベッドシステムとマットレスを使用すれば
睡眠中の腰痛発生原因を無くし、睡眠中の腰痛が増幅する要因を無くすことで、腰痛を解消したり
改善できる可能性のある人たちであると推測できる。
仕事や生活上の疲れがなかなか取れないという人が多い。
なぜ疲れるのか。
長く言われていたのが「乳酸原因説」だ。
運動すると筋肉中に増える乳酸が疲労の原因という見方だが、この説は10年ほど前に否定された。
今では乳酸は筋肉の活動を促進する有用な成分と考えられている。

これに代わるのが「脳原因説」。
臓器の働きを調節し、体のバランスを維持する自律神経を酷使した結果が疲労だと考えられている。

自律神経系は活動時に活発になる交感神経と、夜間や安静時に活発になる副交感神経がセットになっている。
運動時には体温や心拍の調整をするため交感神経が活発に働く。
すると神経細胞内に活性酸素が大量に発生し細胞にダメージを与える。これが疲労の原因だという。
肉体労働や運動による疲労のほか、長時間のデスクワークなどによる精神作業疲労や、目の眼精疲労がある。
事務作業に集中しているときは、やはり交感神経が活発に働く。
また、パソコン画面など近距離を見続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなるという。
ただし、実際の疲労の度合いと、自分で感じる疲労感の間にはズレがあることが、疲労を把握しにくくしている。
疲労感をもたらすのは「疲労因子」と呼ばれるたんぱく質だ。
自律神経などの細胞が活性酸素によって酸化されてダメージを受けると、老廃物の増加が合図となって疲労因子が発生する。
その情報が大脳に伝わって疲労感を生む。
だが人間は、脳の働きでこのアラームを感じなくしてしまうことがある。
仕事や運動への意欲や達成感が強いと、疲労感を感じなくなってしまう。
これは「隠れ疲労」と呼ばれている。
梶本さんは「過労死になってしまう人は、疲労感を感じなくなっている場合が多い」と
隠れ疲労の危険性に警鐘を鳴らす。

疲れをためないため、どんな生活をすればよいのか。
梶本さんによると「疲労を回復してリセットする唯一の方法が良質な睡眠を十分にとること」という。
就寝中は大脳も自律神経も昼間の重労働から解放され、疲労回復因子と呼ばれるたんぱく質の働きで、脳の疲労が回復する。
 睡眠の質が悪いと、この仕組みがうまく働かない。
運動による疲労のほか、長時間のデスクワークなどによる精神作業疲労や、目の眼精疲労がある。事務作業に集中しているときは、やはり交感神経が活発に働く。
 
また、パソコン画面など近距離を見続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなるという。
ただし、実際の疲労の度合いと、自分で感じる疲労感の間にはズレがあることが、疲労を把握しにくくしている。
疲労感をもたらすのは「疲労因子」と呼ばれるたんぱく質だ。

自律神経などの細胞が活性酸素によって酸化されてダメージを受けると、老廃物の増加が合図となって疲労因子が発生する。
その情報が大脳に伝わって疲労感を生む。
だが人間は、脳の働きでこのアラームを感じなくしてしまうことがある。
仕事や運動への意欲や達成感が強いと、疲労感を感じなくなってしまう。
これは「隠れ疲労」と呼ばれている。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有